ラクダのつれづれ

ラクダの日常を徒然なるままに書きます。

羊文学のオンラインライブが最高だった件

羊文学のオンラインライブを見ました。

チケットを買うか直前まで悩んでいたのですが、最近好きでずっと聴いていたバンドなので見たくなって買いました。

 

今回は調布Crossで1stEPと2ndEPをセットリストにするというもの。

ずっと聴いていたEPなので、楽しみにしていました。

 

ライブは、最高でした。

音と映像の質が高くて、没入感がすごかったです。

 

生のライブももちろん見たいけど、オンラインでも十分満足できると感じました。

羊文学みたいなバンドだったら、家でゆっくり見るのも良いかと。

たまに他で聞くようなオンライン特有のトラブルみたいなものもなくて、快適でした。

 

ボーカルの塩塚モエカさんは、普段はちょっとふにゃふにゃしてる感じだけど、ライブの時は力強くてかっこいいです。

歌声がちょっとけだるそうな感じでありながら、高音もきれいに歌い上げていて、本当に才能の塊です。

 

ジャンルとしてシューゲイザーにカテゴライズされることもあるように、重厚なサウンドも良いです。

マイブラやライドなどのシューゲイザーバンドも好きなので、若手でシューゲっぽいバンドが出てくると本当にうれしいです。

今までシューゲイザー要素のあるバンドとしては、スーパーカーやきのこ帝国が好きでした。

羊文学ももっとメディアに出て売れていってほしいなあ。

 

羊文学は塩塚さんの歌詞もとても良くて、叙情的というか、本当に文学!

自分のイメージとしては、良質な短編小説をゆっくり読んでいる、そんな感じです。

 

好きなバンドのことを書き出すと、うまくいかないもんですね。

以上です。