この家の契約者は私です(仮)

読書、資産運用、買い物

羊と鋼の森

 ピアノ調律師の成長物語。静かで美しい小説だった。情景描写がとても美しくて、心地よい。作品の主題は成長を軸としているので、読んでいて前向きになれる。主人公のひたむきで前向きな姿勢も好きだ。

 

 

 

羊と鋼の森 (文春文庫)

羊と鋼の森 (文春文庫)